高校1年生の学習戦略

東大・京大の理系学部や国公立大の医学部医学科を目指す高校1年生へ

更新日:

東大・京大の理系学部や国公立大の医学部医学科を目指す高校1年生へ

東京大学や京都大学の理系学部や国公立大学の医学部医学科は、試験科目の負担が大きく、ライバル層も中高一貫校生や浪人生などの比率が高いため、かなり厳しい戦いになります。普通に高校入試を経て進学した人が現役で合格するためには、戦略的な学習計画と継続的な努力が必要です。

中高一貫校生は、早いところでは高校1年の3月には高校内容の数学を一通り学び終えます。そこから約2年間、徹底して気に演習を重ねて力をつけてきます。理科も高2の3月にはおおよそ学び終わり、残りは演習にあてます。対して普通の高校で一通り学び終えるのは、数学でおおよそ3年の6月、理科は3年の10月ごろです。なので、数学の演習にあてられるのは半年、理科は3ヶ月ないぐらいなります。この差はかなり大きいです。

数学・理科のハンデを乗り越えるには?

一貫校生や浪人生と比べて、数学・理科の演習期間が短いことが、普通に高校受験をして進学した場合の欠点です。これをいかに乗り越えるかが、現役合格のための課題となります。単純に考えれば、数学や理科の先取りをするというのが解決策になるかと思われますが、プロとして本音を言うと、高1の初期から本格的な数学・理科の先取りをするのはあまり効率的とは言えません。

数学や理科は教科の特性として、最初に各単元の知識を入れていかなければならないのですが、すべての単元の知識を一通り入れるとなると、多大な時間がかかります。また、先取りやるということは、個人とやった後に学校でもやるわけなので、2度手間になります。早くから本格的な先取りをやると、結局のところかなりの時間の無駄になりかねないのです。ただし、学校の授業を効率的に活用するために、予習と復習はきちんとやりましょう。

高1における現役合格に向けた戦略

本格的な数学・理科の先取りをしないとすると、高1の前半は何をすべきかということになりますが、ズバリ言うと英語と国語です。英語はともかく、理系なのに国語?と思われるかもしれませんが、国語は東大や京大、国公立大医学部を目指すうえで非常に重要な科目なのです。東大・京大では2次試験でも課されますし、国公立の医学科の場合は、共通テストで高得点をとることが合格のための最初のステップとなるはずです。そしてそこで高得点をとるためには、国語の点数を高いレベルで安定させておく必要があります。高1の12月を目標に英語と国語をある程度完成させ、残りの2年で数学・理科を攻略するイメージです。

数学や理科と比べて、英語や国語は中学レベルからスタートした際、完成までにかかる時間が少なくて済みます。4月から12月までの短期間でもしっかりやれれば、ある程度完成させることができます。偏差値40ぐらいから短期間で有名私立大学の文系学部に合格したという話がよくある事なのは、英語、国語の教科の特性が効いているという側面が強いのです。

現役合格に向けた3年間の戦略

現役合格に向けて、1年次は英語と国語を中心に取り組むという方針は示しましたが、せっかくなので3年間のおおよその戦略も示したおきます。

~1年12月:英語、国語の基礎を固め、志望校合格レベルまで引き上げる。数学は本格的な先取りは避けるが、学校の進度に合わせて、予習・復習をし、学習済みの範囲においては、抜けが無いようにしておく。

1年1月~2年8月:数学の本格的な先取りを開始し、どんどん進める。8月末をめどに数学Ⅲまで一通り終える。

2年9月~1月:理科(一科目目)の本格的な先取りを開始し、どんどん進める。1月までに一通り終える。同時進行で数学Ⅲまでの総復習を進める。

2年2月~3年6月:理科(二科目目)の本格的な先取りを開始し、どんどん進める。7月末までに一通り終える。理科(一科目目)の総復習と数学の演習を進める。

3年7月・8月:理科(二科目目)の総復習とその他の科目の実践演習

3年9月~:全科目の実践演習

現実的に考えると上記のような学習プランが妥当だと思います。1年次の前半のうちにどれだけ英語、国語をきちんとやれるかが勝敗を握ると個人的には考えています。

 

まとめ

・東大・京大の理系学部や国公立大医学部医学科の受験はかなりタフ
⇒受験科目の負担がかなり大きい
⇒中高一貫校生や浪人生の割合が高く受験者層のレベルがかなり高い

・高1のうちに英語と国語を完成させる
⇒2、3年次は数学・理科に多くの時間を割くために高1で英語と国語を完成させる
⇒英語と国語のインプットは独学でもスムーズにいきやすいので比較的短期間で完成まで行ける

スタディサプリ高校・大学受験講座

-高校1年生の学習戦略

Copyright© 明矢先生の新時代の大学受験対策 , 2020 All Rights Reserved.