高校1年生の学習戦略

中学と高校の学習の違い

更新日:

中学と高校の学習は根本的に違う

中学校と高校は同じ3年間という期間ですが、中学の学習と高校の学習は根本的に違います。というのも、中学校までは義務教育であり、同年代の人全員が理解できるそうな内容に絞り、そこへ通う全員が理解できるように授業が展開されます。対して、高等学校においては、必ずしも全員が理解出来なくても良いという体で、指導要領が組まれ、理解できない人は留年のあるというスタンスで指導されます。

さらに、進路先が大学への進学がメインとなる学校では、大学受験を意識して上位層を伸ばすという点に力をいれて指導がなされる場合も多くあります。特に数学や理科は学習する単元が多く、全範囲をやったうえで、受験対策の演習まできっちりやると考えると高1からハイペースで授業が展開されます。ですので、中学と高校の学習は全く別物と認識しておくべきです。

 

英語の予習と数学の定期テスト対策の負担は倍以上!

中学と高校の学習で最も負担が増えるのが英語の予習と数学の定期試験対策です。まず英語の予習についてですが、中学で習う英単語は3年間でおおよそ2000語と言われています。対して高校では、2年生までの2年間で3000語です。単純に計算すると中学時代は年間700語弱だったのが、高校では年間1500語になります。加えて中学時代より高度な文法事項が登場し、教科書の英文もより長くなり、英語の予習の負担は確実に中学時代の倍以上になります。

さらに数学の定期試験対策もかなり負担が大きくなります。扱う内容自体が難しくなるのに加えて、学習する分量が多いため、ハイペースで進みます。そして中学までの定期試験が教科書レベルの問題が中心なのに対して、高校の定期試験の多くはクリアーやサクシードといった教科書準拠の問題集からの出題が多く、その出典は大学入試の過去問だったりします。つまり、中学よりも難しい内容を扱い、テスト範囲が広く、ある程度の難易度の問題まで解けるようにしておく必要があります。このため、数学の定期試験対策もまた、中学の頃の倍以上の負担になるはずです。

 

勉強への意識改革が必要

扱っている内容が格段に増え、ハイペースで進む高校の学習において、良い成績を残し、希望の大学への合格を勝ち取るためには勉強への意識改革が必要になります。そこでまずは、高校での勉強は甘くないとしっかり認識し、集中して勉強する時間を確保する必要があります。授業中もただ板書を写すことを目的とするのではなく、内容を理解することが重要という成果主義の考え方を導入しましょう。

高校での学習が厳しいものである以上、攻めの姿勢で臨むことが良い成績を残すためには重要です。例えば、英単語や漢字等の基礎知識は自主的にどんどん暗記を進める。学校で学習する前に、分かりやすい参考書を使って数学の先取りをし、授業は復習と疑問点の解決にあてる。加えて、数学や理科の教科書準拠の問題は日ごろからどんどん進めておく等です。学校から言われたことだけやっているだけの守りの姿勢では、良い結果は残せないと認識し、締めの姿勢で学習に取り組むことが重要となります。

 

まとめ

・中学と高校の学習はだいぶ違う!
⇒難易度、ペース、量とも激増するとくに英語の予習と数学のテスト対策の負担は倍以上に。

・「攻めの意識」で積極的に取り組まないと良い結果は残せない!
⇒学校から指示されたことだけではうまくいかない!英単語や数学の先取りをしよう。

スタディサプリ高校・大学受験講座

-高校1年生の学習戦略

Copyright© 明矢先生の新時代の大学受験対策 , 2020 All Rights Reserved.