スタディサプリ活用術

スタディサプリで成績を上げる秘訣・コンサルという視点

更新日:

コンサルという視点で考えるスタディサプリの活用法

今後の教育において”学習コンサルティング”という考え方は、成果をあげる上で非常に重要な要素となってきます。そこで、コンサルティングという視点でスタディサプリの活用法を考えてみると、最初の1か月は必ず「合格特訓コース」で申し込むべきだといえます。

合格特訓コースはおおよそ月々1万円です。高いです。しかし、志望校の入試を分析して、現状と照らし合わせ、学習プランを組んみ、実際にはじめてみて、やりながら活用法を見出していくには、かなりの時間がかかります。下手すると高校卒業までの時間を棒に振る恐れもあります。結果を出したいのであれば、最初の1か月間は絶対に合格特訓コースを申し込むべきです。

「何から勉強すればよいかわからない」を解決する

私は、教育業界に10年以上いますが、入塾に至る理由でもっとも多いのが、「何から勉強すればよいかわからない」というものなんです。確かに参考書や通信教育でも勉強はできます。しかし、数ある参考書の中からどれを選んでやるべきか、どう使って勉強すれば成績が上がるか、各教科どこまで力をつければ志望校に受かるのかは、参考書や今までの通信教育では得られない情報でした。そこで、多くの生徒が塾や予備校に入り、「何から勉強すればいいのかわからない」を解決してきました。

スタディサプリは「月額1000円ほどで授業受け放題」が魅力とされてきました。しかし、私が思うに、本当の魅力は「合格特訓コース」で、多くの人が悩んでいる「何から勉強すればいいかわからない」という問題を安価に解決できるということです。塾や予備校に入ると考えると入学金と月謝で最初の1か月で10万円近くになります。対して、スタディサプリ合格特訓コースなら月々1万円なので、かなりの費用を抑えることができます。

最初に正しい勉強法をがわかれば無駄なく勉強できる

勉強はスタートが肝心です。初めのうちに正しい勉強を身に着け、ゴールまでの道筋・中間目標を知れば、無駄なく勉強を進めることができます。ですので、部活動や学校行事、習い事等で忙しい人ほど、合格特訓で申し込むべきです。自己流でやってみて、軌道に乗るまでかなり時間がかかった場合は、他の受験生と大きく差がついてしまいます。さらに、自己流でやって、軌道に乗る前に頓挫してしまった場合はもう最悪です。

せっかく大手の予備校と同じクォリティーの授業が見れるのに、それを活かせないというのはもったいないです。正しい勉強法・授業活用法を身に着け、無駄なく勉強しましょう。

まとめ

・合格特訓コースで「何から勉強すればいいのかわからない」を解決
⇒各科目の勉強法や授業等の活用法、志望校合格までの学習プランを知ろう。

・受験勉強はスタートが肝心
⇒入試までの時間は限られています。いかに早く軌道に乗せるかが大きな差になります。

スタディサプリ高校・大学受験講座

-スタディサプリ活用術

Copyright© 明矢先生の新時代の大学受験対策 , 2020 All Rights Reserved.